心理カウンセリング・心理学講座

ごあいさつ

  • HOME »
  • ごあいさつ

はじめまして。
心理分析士の富田れいこです。

人と関わる事が苦手で仕事やプライベートがうまくいかないと感じている方に向けて、自分の居場所や生きがいをつくるための講座やカウンセリングをしています。
 
成果主義が主流の社会になって、成果を上げたいと頑張る人が増える一方で、時代についていけなくてつぶれていく人も多いと感じます。
 
私のカウンセリングでは、クライアントさんの努力ポイントを明確にすることで、やりがいを感じながら自分の役目をこなせるようにしていきます。
 
約10年前、私はシングルマザーになりました。
1人で稼がなくてはいけなくなった私は、仕事も子育ても完璧にこなそうと頑張りましたがうまくいかず、うつ病になってしまいました。
 
その経験を通じて、同じように悩んでいる人に「生き辛さの解消に必要なのは、能力がある人間になることではなく、自分の弱さを認める勇気を持つことだ。」と伝えたくて、活動を続けています。

1973年生まれ(45歳)
大阪在住
高校生の娘、元毒親の母との3人暮らし

 

略歴

1992年 高校卒業後、大阪から上京し、就職する(販売員)
1996年 システム開発会社に転職し、プログラマー職に就く
1998年 会社を退職し、フリープログラマーとしての活動を始める
2000年 妊娠を機に結婚
2001年 長女出産
2005年 離婚し、長女を連れて大阪に戻る
2007年 1度目のうつ病発症。(3か月間の休職後、復帰)
2008年 心理分析士養成講座を修了するも、趣味に熱中するあまり独立のチャンスを逃す
2015年 2度目のうつ病発症。これを機に、改めて心理分析を学びなおし、心理学の理解を深める
2016年 プログラマー職を辞め、メンタルアドバイザーとしての活動を始める

 

これまでの歩み

過去の私は、「人とのつながり」に飢え、いつも満たされない気持ちでいました。
いじめられるわけじゃない、嫌われているような気もしない。でも、仲良くもなれない・・・。

 

「ダイエット→リバウンド」の繰り返しで体重が増え続ける

「見た目が改善されて、おしゃれになれば仲良くなれる人が増えるだろうか。」

そんな気持ちでダイエットにチャレンジしました。

リバウンドでダイエット前より体重が増え、過食症のような症状が出るようになりました。

 

明るいキャラを演じてみても満たされなかった

「明るいキャラになれば友達になれるかな?」と、無理にテンションを上げてみました。

少しは交流できる人を増やすことが出来ましたが、
「これはニセモノの自分。本性がばれたらどうしよう」という不安がつきまといました。

結局、寂しい気持ちは明るいキャラを演じる前と何も変わりませんでした。

この頃の私は、寂しさを紛らわせるためにホストに通い、借金がふくらみ債務整理をしました。

 

仕事ができる人になろうとしたけど・・・

「不愛想だろうとなんだろうと、仕事が出来ればみんなに必要とされるだろう」

そう思ってスキルアップに励みましたが、周りには私より仕事ができる人がたくさんいたので
どんなに頑張っても重宝される存在にはなれませんでした。

 

何をやっても満たされない。依存症状に頼る日々

満たされない思いを抱えての過食、お酒。そして不倫。
私の心はもう、ボロボロでした。

この時私は、1度目のうつ病での休職を経験します。
幸い、3か月ほど自宅療養するのみで復職できましたが、娘の存在がなかったら、きっと私は深刻な状況になっていたでしょう。

 

カウンセリング・心理学との出会い

そんな時、とあるメルマガとの出会いがありました。
私にカウンセリングを教えてくれた師匠との出会いです。

師匠の対面カウンセリングや、メールカウンセリングが私にとって唯一の安全安心の場となりました。

カウンセリングのおかげで、自分がどう生きていけばいいのか、少しずつコツをつかめてきました。
それをきっかけに、「カウンセラー」という職業に興味を持つようになりました。

 

カウンセリングを学び独立しようとしたけど、早々に挫折。

師匠の主催する講座で心理学の勉強をし、すぐにカウンセラーとしての活動を始めましたが、
思うように軌道に乗らず、心理分析士の養成講座を修了した直後の独立は早々に挫折してしまいました。

同じ時期に、今でも続けている趣味の「バレエ」と出会い、バレエに熱中するあまり
「職場の居心地とかママ友との人間関係とか、もうそんなのどうでもいい」と思うようになりました(笑)

そのまま心理学とは疎遠になり、師匠とも連絡をとる機会が減っていきました。

バレエのために性懲りもなく借金をしていたので、今思えば当時のバレエのハマり方は「依存症」だったと思います。

 

再び心理学と向き合う事に

約10年後、やり残した宿題のツケが回ってきたように、再び「生き辛さ」の問題と直面することになりました。

ここで2度目のうつ病発症。

休職した事をきっかけに、もう1度心理学の勉強に取り組むことにしました。

腰を据えて心理学を学び、「こころ」について深く知ることで、息苦しさばかりの私の人生は飛躍的にラクになっていきました。

今の私は、「自由」と「心地よさ」を手に入れることが出来て、穏やかに暮らしています。

今の私ならわかります。

「昔私がやっていた努力は、全部逆効果だった」 と。

日本中の過去の私と同じ悩みで苦しんでいる人をラクにする!
「コミュニケーションが苦手」「人を上手に頼れない」という悩みを抱える人がゼロになる世の中をつくる

これをミッションに、日々活動しています。

お電話でのお問い合わせはこちらです TEL 050-5361-9319 カウンセリング中など、電話に
出られない場合もございます。
何卒ご了承をお願いいたします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP